特別機器製作

お客様の用途に合わせた特別機器をご提供

当社では、お客様のご要望に応じ、特別機器の製作を行っています。創業以来培った経験と技術を生かし、多種多様なニーズにお応えすべく、お客様の視点に立った製品づくりを続けています。
極限環境と喚ばれる、極低温、高真空、高圧、高温は得意分野です。
極低温冷凍機を使ったシステムの構築、He3ハンドリングシステムの構成ができます。価格で妥協せず、安全と性能を重んじて製作しています。

効率的な作業や、研究開発の成果をあげるためには、使いやすい機器が必要ではありませんか?まずはご相談ください。

メニュー

超高真空・極高真空や、超高圧(80MPa)に対応した機器や配管の設備を製作が可能です。
空気分離装置をも作る事が出来る熟練した職人が持つ高度な溶接技術や加工技術により、大臣認定品やKHK認定品のガス設備も製作が可能です。
真空容器から超高真空容器まで精密な溶接加工技術を有しております。
FRPとの複合容器、FRPを用いた製品の製作も可能です。

▲ 80MPa超高圧水素マニュホールド

  • ▲ JIS規格真空配管

  • ▲ 変形レデューサ

  • ▲ ガス容器内及び
    配管内真空引き治具

  • ▲ 真空容器の製作途中

  • ▲ 真空断熱配管の溶接製作途中

  • ▲ 配管部品(KF40へのゲージポート造設)

▲ 既成ベークライト製
LHe導入ポート

▲ ガラス器具を案にしたもの

▲ ステンレス製ワイドボア
LHe導入ポート

従来の製品は、MPMSへ液体ヘリウムを導入時、回収ポートと一緒な上、口径が小さくトランスファーに時間が掛かっていました。
ガラス器具で使われていた技術と構造を生かし、ステンレス製で製作しています。折れなく、回収効率も良いため、ヘリウムロスや時間ロスを大幅に低減できます。断熱や氷結の除去目的でバフ研磨しています。高価な装置を永く使える技術や知恵を常に提供しています。

弊社の溶接技術

今までと違い、過去のノウハウを集結した溶接です。
バックシールドガスを流す事はもとより、コンタミネーションや流路渦が出来ない加工や施行が可能です。
研究して得られたデータを元に組成変化が出来るだけ少なくなる様に電流と環境の温度や湿度を管理しています。
ゆえに極めて精度の高いプレハブ加工を可能としています。
写真のサンプル管は外径6.35mm肉厚0.5mmを使っています。

従来の溶接法(シールドガス無し状態)

▲ 従来の突き合せ溶接法(シールドガス無し状態)

従来の溶接法(外面TP管)

▲ 従来の突き合せ溶接法(外面TP管)

弊社の溶接法(内面TP管)

▲ 弊社の突き合せ溶接法(内面TP管)

 弊社の溶接法(外面TP管)

▲ 弊社の突き合せ溶接法(外面TP管)

既存品ではなかった、微細な作業をするための製作が得意です。
薄板溶接、薄板狭幅溶接や微細加工で用途にあった部品や治具を製作いたします。

  • ▲ 加工される前のピンセット

  • ▲ 先端特殊形状のピンセット

    ※先端はしっかりと合っています。

ページトップへ