営繕工事

  • ▲ガス配管分岐

  • ▲防水床工事中

  • ▲防水床施行後

  • ▲防水床施行中

専門工を集めたプロフェッショナルの営繕工事

川尻工業の初代から引き継がれている、確実で安全に行う作業。これは、いまでも引き継がれています。

既存施設を、最大限に生かして、最先端の設備を最大限の模索をして行きます。下記は搬出した機械が分別されたところの写真です。付ける事で経費を節減し、快適な環境を次へ持ち越す事が出来ます。サステイナブルな環境を提案する事が、今最も世界で要求されています。

弊社では、的確に提案をして、予算を最大限に活用して営繕工事を始め全ての工事作業において責任を持っています。電気工、配管工、内装工、塗装工、防水工、鳶工、土工、足場大工、鉄筋工、型枠大工、斫り工など、 全ての職種の専門工が居りますので、仕事を知らない業者へ依頼するよりも安全です。

修繕費を抑えつつ、最大限の技術力を発揮

建設の一部分として、機器の搬入搬出を行います。建設技術のノウハウを生かして、資格を持った技術職員が多大な実績を元に的確な搬入搬出ルート、吊り上げ、設置等などを行います。

  • ▲ 搬入工事現場の規制(作業実施中の告知)

  • ▲ 搬入作業の適切な安全策(車輪止め)

  • ▲ 有資格者による玉掛けによる荷下ろし

  • ▲ 搬入ルートの現場養生

  • ▲極低温冷凍機移設中

  • ▲重量物搬入中

  • ▲重量物搬入中

大型のクレーンやトレーラーの手配、足場等の仮設機材も用意します。 そこでは、メーカーの専門技術者が機器の設定を行うので、知らない人が行いません。 トータルとして、最大限の技術を持って、適切な価格で従事致します。

  • ▲金属廃材回収中

  • ▲金属回収中2部

新品でも中古でも、最良の状態で、廃棄物を限り無く減らし資源への循環を試みています。
ただ棄てるとゴミですが、解体し分別することで資源になります。毒性や危険性を予め調査した上で、資源毎に分別し、再生の岐路に送ります。形は変わっても、循環すること。 費用的にも押さえることができる最大限の模索をして行きます。下記は搬出した機械が分別されたところの写真です。

  • ▲解体前の機器

  • ▲解体分別後の機器

ヤードでは、それぞれ資源に分別され、製鋼所・精錬所や製紙工場に運ばれます。
ゴミは極限まで排出はしません。

  • ▲金属スクラップを分別

  • ▲古紙を分別(ダンボール、印画紙)

舗装工事

川尻工業は、国交省規格や地方公共団体規格のアスファルト舗装も行います。
単相舗装とは違い、基層を整地調整して複層にしてアスファルト乳剤を塗布してしっかりとした舗装を行います。

規格を守っている事で、敷くだけとは違い沈下が起こりにくく、劣化も変形も少ない施行です。故が、アスファルト舗装一つでも、高級感が出てより安全な舗装を機械を使って均します。

  • ▲アスファルト舗装施行前

  • ▲アスファルト舗装施行中(一層目)

  • ▲アスファルト舗装施行後(左方向)

  • ▲アスファルト舗装施行後(右方向)

※写真の舗装は、砕石30cmでアスファルト舗装は2層の8cmです。

営繕工事

弊社が行う営繕工事は、戸建から施設の改修など、幅広く行っています。
最善の材料を提案し、また費用対効果が長く続く製品を使います。
塗装工事につきましても、最近注目されている遮熱塗料を使い、寒冷暖の幅広い北海道において、光熱費を削減できる塗装工事を。当然のことながら、既存塗装の浮きなど有れば、ケレン剥離を行います。
常に現場監理を入念慎重に行います。決して、見て見ぬふりの工事は致しません。
発注側からだけの事をしませんので、保証がありますと謳われたりしますが、工事は保証という切り捨てではなく、現在からの予後を説明もいたします。

左官工事においては、モルタルだけではヒビ割れや沈下・剥離を起こさないように鉄筋や網鉄筋を用いて、骨材も調整し強度を出します。気温に準じた、水分量を遵守し職人が作ります。
営繕工事や改修工事は、規模により同じ技能を持ったところに委託紹介する場合があります。

  • ▲現場の養生

  • ▲塗装の浮き

  • ▲塗装の浮きをケレン

  • ▲壁面の下地処理

  • ▲土間の鉄筋アンカー下地

  • ▲土間の施工高さの確認調整

  • ▲土間のモルタル打ち

  • ▲土間のモルタル打ち完成

階段の段差について

階段は人の往来が多く、着色することで視覚弱者の方へより安全に往来ができる仕組みをご提案します。
ただの着色では、剥離や欠損があっては補修するまでに怪我や事故が起こることがあります。補修までの時間が短時間で行われるように、予め環境意匠に配慮し色違いのブロックを使ったり、目地に着色剤を流し込むことで解決をねらっています。

  • ▲溝に塗料を流し込んだもの。

  • ▲段差の見切り自体のブロックを変えたもの。

配管敷設

高圧ガス販売業の資格であらゆるガス配管の敷設を行っています。
大臣認定から、KHK認定、これら認定に関わらず、安全で確実な施行をする事が大切です。特殊ガスを扱っているからこその高度な配管が得意です。喰い込み継手を使う事から、突き合わせ溶接をするまで、または、低圧から高圧や超高圧配管、極低温配管も施行及び改造までも致します。

写真は、既設液体窒素供給配管で、LGC容器と機器の間で液封の危険があるため、安全弁を附設しました。(※LGC容器とは自加圧容器で超低温容器と喚ばれています。)

  • ▲安全弁を附設する前

  • ▲安全弁を附設後(この後簡易断熱を施しています)

特殊清掃及び撤去

遺体搬出後の清掃・撤去まですべてお引き受けします。
特殊清掃を必要とする現場は、社会の表にでてくることはあまりなく、何の前兆もなく突然にふりかかってきます。その現場は、視覚的なインパクトだけでなく嗅覚にも強烈なショックを受けます。賃貸や集合住宅では他者の風評にも影響します。

人間は死亡すると、夏季は4~5日、冬季でも7~10日ほどで腐乱が進みます。
特に温度が高くなる夏場の室内では2日ほどで悪臭が漂い4~5日で室内中が蛆虫や甲虫類だらけになります。
室内の異臭は尋常ではなく、通常の清掃で片付けることはできません。そのような事になると、弊社の営繕工事の実績が生かされ全て、居室を解体し消毒を行います。 法医学と解剖学の専門家である弊社は毒物劇物取扱責任者が各薬品を厳重に管理し、適切な薬品を選定します。 薬品やガスを用いて殺菌を行う場合は、国家資格取得者が対応します。

ホルマリンガス発生器を所有しています

洗剤や消毒剤、撤去では済まない状況ですと、ホルマリン薫蒸を行います。ホルマリンは有害ですが、感染性物質やウイルス・細菌のことを考え最優先事項を考量して作業を行います。ホルマリン薫蒸は最強の殺菌です。生体の機能を全て停止させ腐敗や活性を阻害します。

安定化二酸化塩素を利用した薫蒸作業

安定化二酸化塩素は次亜塩素酸ナトリウム蒸気を発生するのではなく、強力な漂白作用や毒性が少なく効率的に除菌することができます。車両内の腐敗臭の除去を始め、食品輸送車の除菌にも適しています。残留が少ないため、中和することも必要ありません。客先に装置を一定期間設置して行いますので、居住宅内、車両内、出張可能なところで作業を行います。

ページトップへ