社長挨拶

いいものだけを世界から

川尻工業は皆様にお使いいただく事業領域といたしましては、研究所等に研究用機器・消耗品を総合的にご提供する科学機器分野から、エレクトロニクス等の生産施設等にご提供する産業機器分野。施設の改修工事や新築工事、営繕工事、機器搬入工事を行っています。さらにきめ細かくスポットを当て、試験研究用薬品をはじめ、極低温・極高真空といった研究分野や、食品加工場向け衛生検査用具、病理検査用薬品類、刑事検視用品と呼ばれる商品を販売しております。

当社では、「技術者の情熱を世界から」という方針のもと、日本には流通していない海外の商品を直接流通により仕入れています。 また、直接販売により無駄な営業コストを削減することで一般的な価格よりも安くご提供しています。
さらに、国内外のメーカーや製造元との協力で当社オリジナルのプライベートブランド商品も開発するなど、安価で高品質な商品の提供に日々努めております。川尻工業の製品は、開発者も使う人を思って考えています。このことから高い評価をいただき、常に先進的であり続ける努力をしております。建設分野においても、会社設立の当初から主眼をおいている、安全で無理をせず適切な材料を用い施行することが今でも受け継がれています。

「コスト削減などお客様にメリットのある提案」と「深い知識があるから可能な製品提供」し「必要なものを必要なときに必要なだけお届けする」という言葉に代表されるお客様本位の発想(顧客満足度の追求)のもと、日々業務革新を遂げて新しい仕組みを創造していくというビジネスサイクルを繰り返してまいりました。

昨今、価格だけを重視して、製品の品質を落としたり、一時的に強烈なダンピング価格競争で値段の叩き合いが故に不当な転嫁や適切な情報提供が出来なく負のスパイラルに落ちて行き巻き込まれたお客様と起こした業者を多々と見て市況への安全性が疎かになっている危険性を感じています。当社は販売責任と製造責任を先に念じ事業を行っています。

様々な商品が常にお客様から愛され、笑顔になっていただける存在でありたいと願っております。
そのためには私たちが持つ幅広い知恵を最大限に引き出し、お客様の抱える課題をより効果的に解決する必要があります。
日頃からお客様とのコミュニケーションを大切にし、さらにご満足いただけるよう日々精進してまいる所存です。また、「事業活動を通じた地域の活性化」、「環境への取り組み」など、社会課題の解決・改善に対しても貢献すべく、社会と共有できる価値創造「CSV (Creating Shared Value)」を実践し、社会の一員として、ステークホルダーの皆様から信頼される企業であり続けることで、皆様との「絆」を一層深めていきたいと考えています。

代表取締役 川尻 祥明

ページトップへ