企業理念 The Kawajiri Value

ビジネス環境の変化にあわせ、大胆に自らを進化させる。

私たちは、次の企業理念、将来像を常に念頭において、社会とともに持続的に発展できる企業を目指して様々な取組みを推進しています。

  • 1.

    地球環境との調和の中で、材料・物質の革新と創出を通して高品質の製品とサービスを顧客に提供し、もって広く社会に貢献する

  • 2.

    絶えず革新による成長を追求し、グローバルに存在感のある商社機能を超え開発科学総合企業

  • 3.

    経済軸・環境軸・社会軸から成る3軸経営を深化させ、長期的視点に立った経営を行い、社会課題の解決に向けた取り組みを行うことで、社会と共に持続的な成長・発展を目指す

将来像 Kawajiri Future Vision

川尻工業は、第一線で試験研究開発に力を注ぐ研究者と共に、未来のより良い社会づくりを目指し取り組んでいます。

日々、研究者の方々から「もしも、こんな製品があれば」「文献に出ていた製品が欲しい」「同等品質でより良く安価に使いたい」といったご相談をいただき、 私たちは可能な限り実現して参りました。難しいご相談内容でも、いい結果のためへの革新に期待を巡らせながら、長年培った知識をもとに創意工夫を重ねます。

私たちは少数精鋭の強みを生かし、研究者の皆様から気軽にご相談いただける関係を大切にしている企業でありたいと思っています。

私たちを信頼してくださり、試験研究開発の正しい判断をするお手伝いを縁の下で支えさせていただけることは何事にも代えがたい喜びなのです。
「今までなかった」と研究者の皆様から時折頂戴する賛辞は、私たちにとって明日の活力となり、更に企業価値を高める意欲となります。

企業理念として掲げた志を大切に、常に知恵と技術を磨き、企業価値の向上を目指していきます。

中期計画 Medium-term plan

川尻工業は、専門の分野へのユーザ様へ最先端かつ高性能な製品を提供する。

研究や試験、検案に対し常に正しい評価ができる様、細心をもって製品を提供し、
効果効能がより早く、限られた予算を適切に執行できる、利益のみを追求した事業ではなく、
適正な価格を持って提供します。

川尻工業の礎 Medium-term plan

川尻工業では、過去の時代のいいものやそれが標準だったこと、現在の標準や最高のことまで網羅しています。

過去に販売していた代表的な製品のほんの一部分です。

タイガー計算機

計算機ができる前、機械式計算機が使われていました。タイガー計算機とよばれ、現在も正常に動作しています。乗除算もでき、使い方が正しければ大きな単位も簡単に演算できます。そろばんと同時に使われていました。

キップ式ガス発生器

キップ式ガス発生器。
オランダのペトルス・キップ氏が発明し、日本にも渡り、ガラス職人が作っていました。現在は専門の宙吹き職人は居ません。
化学物質の固体と液体を反応させガスを発生させます。ガスボンベが手に入らない際使われていました。代表的なのは石灰石と塩酸。二酸化炭素を発生させ粗製ガスを精製して実験に使っていました。

光学顕微鏡

現在は白熱電球や白色LEDを光源として用いていますが、当時は電気スタンドや太陽光で光をスライドガラスに集めてミクロの世界を観察していました。
光をいかに効率よく集めるかが、技術の見せどころで、学会発表では綺麗な写真を撮る方が脚光を浴びていました。 それより以前はスケッチをすることしかなく、見たままの細胞の絵を描くことが難しく描けて一人前だったそうです。
病理検査や細菌の同定検査に使われていました。

カゴ瓶(硫酸瓶)

ポリタンクや一斗缶が出る以前は、カゴ瓶が使われていました。 宙吹きの硝子瓶を藁(ワラ)で包み竹籠(竹かご)で編んでいました。 宙吹きガラスは、ガラス製の漁業用浮き玉を作る職人さんが型に入れ一個づつ手作りです。 カゴももちろん、職人さんが一個ずつ竹ヒゴで編み込んでいます。 今ではプラスチックを多用し発泡スチロールやウレタンが使われていますが 藁や竹を使った当時一番柔軟性があって加工がしやすい知恵には圧巻されます。

ホルマリン、アンモニア水、硫酸等の工業薬品や試薬向けの容器として、古くから容れられて大入り用途で使用されてきました。 容量は20リットル入りで親しまれていました。 カゴ瓶は重いので、鋳鉄製の傾ける架台もありました。 弊社が納めたお客様で大切に保管されていました。

完全な綺麗な物としては珍しく、残す必要があり、貴重な資料で科学史の本にも残っています。

ページトップへ