使用済容器の返却について

ガスの品質維持や取扱いの安全性を考慮して、ご使用済みの容器は速やかに販売店に返却してください。返却にあたっては、容器バルブはしっかりと締め、アウトレットキャップがある際は工具(スパナ)にて締めてください。
ガス容器は貸与容器で運用しております。容器の貸与期限は納入後1年としております。納入から13ヶ月を経過してもご返却頂けない場合は使用料金が発生致します。容器が著しく腐食している場合は、処分費用を請求致します。

国民保護法では「引火若しくは爆発、又は空気中の飛散若しくは周辺地域への流出により人の生命、身体又は財産に対する危険が生ずる恐れがある物質」として「高圧ガス」が指定されています。各事業者は高圧ガスによる武力攻撃やテロ、災害を防止するため必要な措置を講じる必要があります。

その対策の一環として高圧ガス容器の早期のご返却は大変重要な事柄とされています。
ぜひ、主旨をご理解の上、ご協力頂きますようお願い申し上げます。

高圧ガス容器は、
  • (1) 盗難や紛失の恐れのある所に放置しないでください。盗難にあった場合には、最寄りの警察に届けてください。
  • (2) 一般のゴミ、不燃ゴミ、粗大ゴミとして捨てないでください。ゴミ置場や解体工場で爆発事故や火災が起きています。

消費者による高圧ガスの保安は、容器の安全管理から始まります。

  • 高圧ガスを購入する際は、容器ごとガスを受け入れますが、購入するのは「中身のガス」だけです。一般に、「容器は販売業者の所有」です。使い終ったら、すみやかに返却しましょう。

  • 高圧ガス容器には、「耐圧検査合格年月」と「所有者登録記号番号」が刻印されており、所有者が分かります。また、容器はガスの種類によって決められた色が塗られています。

  • 販売業者と消費者の間に責任者をあらかじめ決め、容器の受け入れ、引き渡しを明らかにするため「容器受払い台帳」を備えます。

消費者による高圧ガスの保安は、容器の安全管理から始まります。

弊社の販売しているガス製品には、弊社特有の番号及び記載が在ります。
下記写真の様な事が記載されている場合、弊社所有の容器ですので、弊社まで必ずご返却ください。
出入りの在る業者へは、渡さないでください。

  • 弊社は、ガス容器所有者登録番号を取得しています。
    ※『A154』の刻印が打たれており、スクラップやガス充填に出ている際は、盗難や弊社が許可していない移動ですので連絡の程お願いします。
    『A154』を二重線で打ち消されている事は弊社の容器では存在しません。

    『A154』が書かれている際、

  • 容器の側面に、充填ガス名と、混合比表示が書かれているラベル。

  • 容器側面に返却期限ラベルが貼られている場合。

  • SAPPOROと容器自体に表記があるもの

※ご不明な点がございましたら、直にご連絡下さいませ。
所在不明や充填ガスが不明な事で、重大な事故が日本各地で多発しています。

ページトップへ