ガス販売
主要商品
  • 窒素・酸素・アルゴン・水素・炭酸ガス・希ガスなど。
  • 液体窒素・液体酸素・液体アルゴン・液体ヘリウム・ドライアイスなど。
  • 炭化水素系ガス・ハロゲン系ガス・化成品ガスなど。
  • CVD向けガス・自動車排気ガス測定用標準ガス・環境測定用ガス・機器校正用標準ガスなど。
  • 工業用燃料用LPガスなどの扱いを行っております。
さまざまなニーズにお応えします

当社では、「工業用ガス」や「液化ガス」「特殊ガス」「食品産業向けガス」をはじめ、「札幌Ecoチューブ」「ガス分析機器」「保存容器や貯槽」などの機器の取り扱い、「ガス配管工事(大臣認定やKHK認定工事も可能)」も行っています。一般高圧ガスに比べ純度を高めた超高純度ガス、日本工業規格に合致しトレーサビリティーの確保された「標準ガス」を販売しております。どんなに正しい操作を行っても、使用している標準ガスが信頼性の高いものでなければ、得られた測定値は信頼できるものではありません。JCSS校正証明書にも対応した精度の高いガスを取り扱っています。
また、弊社は特殊な環境、新たな取組みに使用される特殊材料ガス、混合が難しいガスの製作が最大の得意分野です。混合比率を極限まで調整し混合および分析することで、極めて精度の高い製品をお作りします。

具体例では、医療機器校正用標準ガスとして、呼吸機能検査装置校正用標準ガスや血液ガス検査装置用標準ガスを様々な割合で、メーカーが推奨する値で正確に混合して製作いたします。放射線測定用標準ガスの、比例計数管用(PR Gas)、GM計数管用(Q Gas)分析機器燃料および助燃混合ガス、水素炎イオン検出器(FID)等向けへもラインナップとして取り揃えております。一般工業向けでの溶接用のシールドガスの中でも、溶け込みをよくしたTIG溶接用特殊ガス、自動車工業用向け高性能自動車用タイヤ向け混合ガスも幅広く扱っております。液化ガス容器のいわゆる真空漏れも調査する事が出来る場合が在ります。真空引きが出来る事で、容器が再生できる場合が在ります(※再生が出来ない場合も在ります)。新規に液体窒素容器や液体ヘリウム容器をご検討の方は、専門の業者である弊社にご用命ください。さまざまなノウハウで適切な価格と安全をご提案します。安全指導、取扱指導、販売を高圧ガス製造保安責任者や高圧ガス販売主任者(国家資格)が行います。容器以外にも凍結保存容器やその他のキャニスター等も扱っております。また可能な限り、お客様の希望に合ったものを提案します。飲食業や店舗、学校教育向けに小型の液体窒素保管容器や試料用凍結保存容器を当社指定条件で貸出しが可能です。飲食店向けへの見せる中の見える液体窒素容器や、教育用のガスボンベカットモデル、圧力調整器のカットモデルでお貸出しするものがございます。

特殊ガスの販売

特殊ガスが主力製品であり、セパレートガスより精度を増した高純度ガス、希ガス、化成品ガス、標準混合ガスを専門に販売しています。弊社のガス容器は、一般ガス容器とは違い、容器の内面を特殊処理しています。充填に際して、容器毎に内面処理として、どの業者も持っていない特殊技術や手法があります。特殊洗浄を必要に応じて追加で特殊電解研磨・脱ガス・特殊化学処理を行っています。他社では行っていない、内面処理に重点をおいています。その事で、経年変化を極めて起りにくく、高純度を維持できています。(名称:T.E.T.R.A)
高圧ガス容器塗装材料として、ガス製品に応じて北海道では少ない粉体塗装を行なっております。有機溶剤を使用していなく、塗装が剥がれにくく、クリーンルーム内でも使用できる利点があります。研究開発や生産拠点、認定検査所において常に最高で正しいガスが使用できます。ユーザ先のガス使用状況を把握し、さらに適切なアプリケーションを提供しています。

  • ▲ 管理されたガス容器群

ガス容器の内面処理
  • ▲ 特殊処理を行った容器

  • ▲ 一般ガスで使われている容器
    ※3.4リットルマンガン容器です

ガス容器の外面処理

高圧ガスの使われる場所において、塗装方法も適宜変更しております。溶剤塗料を使った、一般塗装。クリーンルームや病院で利用できる、溶剤の揮発分がない粉体塗装。それぞれ適した塗装方法を使い、ユーザーの利用用途に合わせています。塗装前にはショットブラスト加工という、高速で研磨剤を吹き付け、今までの塗料や錆びゴミを除去します。

  • ▲ 上は粉体塗装、下は溶剤塗装
    ※1リットルマンガン容器です

  • ▲ 容器耐圧試験器

  • ▲ 粉体塗装装置

容器バルブの変更が可能

いつも持ち合わせている容器が、突然在庫を切らし、接続ができないとお困りの際には、変換アダプターを一時的に利用することで解決されます。接続も特殊な工具は必要なく、手締めで行えます。弊社では、圧縮酸素と液化炭酸ガス用を用意しています。
※ガスの特性、ガス容器(ボンベ)のことを十分にご理解された方のためのもので、一般の方へは一切貸し出しして居りません。

  • ▲ W22右ネジをヨークへ変換するもの

  • ▲ ガス容器(ボンベに)取付けた状態

使用済容器の返却について

ガスの品質維持や取扱いの安全性を考慮して、ご使用済みの容器は速やかに販売店に返却してください。返却にあたっては、容器バルブはしっかりと締め、アウトレットキャップがある際は工具(スパナ)にて締めてください。ガス容器は貸与容器で運用しております。容器の貸与期限は納入後1年としております。納入から13ヶ月を経過してもご返却頂けない場合は使用料金が発生致します。容器が著しく腐食している場合は、処分費用を請求致します。

国民保護法では「引火若しくは爆発、又は空気中の飛散若しくは周辺地域への流出により人の生命、身体又は財産に対する危険が生ずる恐れがある物質」として「高圧ガス」が指定されています。各事業者は高圧ガスによる武力攻撃やテロ、災害を防止するため必要な措置を講じる必要があります。

その対策の一環として高圧ガス容器の早期のご返却は大変重要な事柄とされています。ぜひ、主旨をご理解の上、ご協力頂きますようお願い申し上げます。

高圧ガス容器は
  1. 盗難や紛失の恐れのある所に放置しないでください。盗難にあった場合には、最寄りの警察に届けてください。
  2. 一般のゴミ、不燃ゴミ、粗大ゴミとして捨てないでください。ゴミ置場や解体工場で爆発事故や火災が起きています。
消費者による高圧ガスの保安は、容器の安全管理から始まります
  • 高圧ガスを購入する際は、容器ごとガスを受け入れますが、購入するのは「中身のガス」だけです。一般に、「容器は販売業者の所有」です。使い終ったら、すみやかに返却しましょう。
  • 高圧ガス容器には、「耐圧検査合格年月」と「所有者登録記号番号」が刻印されており、所有者が分かります。また、容器はガスの種類によって決められた色が塗られています。
  • 販売業者と消費者の間に責任者をあらかじめ決め、容器の受け入れ、引き渡しを明らかにするため「容器受払い台帳」を備えます。
ガス容器(ガスボンべ)を返却するにあたって

弊社の販売しているガス製品には、弊社特有の番号及び記載が在ります。下記写真の様な事が記載されている場合、弊社所有の容器ですので、弊社まで必ずご返却ください。出入りの在る業者へは、渡さないでください。

弊社は、ガス容器所有者登録番号を取得しています。

『A154』の刻印が打たれており、スクラップやガス充填に出ている際は、盗難や弊社が許可していない移動ですので連絡の程お願いします。『A154』を二重線で打ち消されている事は弊社の容器では存在しません。

『A154』が書かれている。
容器の側面に、充填ガス名と、混合比表示が書かれているラベル。
容器側面に返却期限ラベルが貼られている場合。
SAPPOROと容器自体に表記があるもの。

ご不明な点がございましたら、直にご連絡下さいませ。
所在不明や充填ガスが不明な事で、重大な事故が日本各地で多発しています。

レギュレータからガスが漏れる方へ

長期間、繰り返しガスボンベの付け替えを実施していますと、レギュレータ間のパッキン(ガスケット)が潰れてしまい、シールの効果が無くなってしまいます。一部のガス販売業社は、売り切りでガス漏れについては全く関わりを持たなく、高価なガスや毒性や腐食性のあるガスが漏れた際、重大な窒息事故や中毒事故に発展してしまします。販売者責任として、弊社では全てのご利用者の方へご説明させて頂いておりますが、まだまだ認識の定着に至っておりません。また、誤ったシールの方法がとられてしまい、結果的にお貸出ししたガスボンベが使えなくなってしまうことが多々あります。
利用者(お客様)の安全と漏洩ロス防止、ガスボンベの円滑回転運転を目指し、是非ともお守りいただきたい事項を下記に記載いたします。

  1. ガスが漏れるからといって、ガスボンベのネジ部分にはシールテープは絶対に巻かないでください。次から使用不可能になるため容器の弁済(弁償)をお願いしております。

    • ▲ 誤ったシールをしているところ。

  2. このシール方法が不完全なために、ガス漏れが多数起きています。レギュレータ側のパッキン材は消耗品です。定期的に交換しなければなりません。また、使用するガスによって材質も違いますので、利用されるガスをガス販売者に伝え購入してください。安全のため、絶対のご協力をお願いいたします。
    (画像クリックで拡大)

    • ▲ ボンベ側(容器側)のシール面

    • ▲ レギュレータ側とボンベ側(容器側)のシール面

    • ▲ レギュレータ側とボンベ側のシール面が合ったところ

当社ではガス配管の工事も承っております。詳しくはこちらをご覧ください。